ウォーターサーバーは贅沢品から必需品へ

近年、ウォーターサーバーが置いてある所は、会社だけでなく一般家庭にも広がっています。

少し前までは、「そんな贅沢な…」というイメージが強かったかもしれませんが、関東大地震の後に大量の水がスーパーから姿を消得てしまうくらい水の確保に必死になる時代になってしまいました。

もちろん、水道水は問題なく飲み水として利用できるのですが、止まってしまった時の不安が強いのかもしれません。

そうでなくても、普段から水道水は口にしないという方が増えてきていることも影響しているでしょう。

そうなると、水にかかる費用も結構かかりますし運ぶのも大変ですが、ウォーターサーバーなら水代と水の交換だけで利用できることがほとんどで、サーバーのレンタル代が無料もしくは月々数百円と費用負担も少ないのです。

それでも贅沢に感じる方もいらっしゃるでしょうが、今後水を買うようにしようと考える時は、サーバー使用時と自分で購入した場合を比較して検討してみましょう。



前の記事